頭皮環境を改善するためにまずは食生活から見直そう

育毛を考える時に大きく関連してくるのが食生活です。
どのよう食生活が良いのか、どのような食生活が悪いのか、という事を調査してみました。

 

 

■育毛に良い食生活

 

 

バランスの良い食事

 

食事の回数が大きなテーマになります。
最近では、1日に3食とる方は少なくなりました。
1日2食という方が、かなり増えてきたわけです。
しかし、2食だと身体のバランスが崩れることがあります。
栄養が身体に入ってこない時間が長いと、人体は脂肪などを体内に蓄えようとします。
新陳代謝が悪くなり、お肌にも良くありません。頭皮にも影響があると思ってください。
1日3食の食事は欠かさないようにしましょう。

 

 

栄養素について

 

現代人は、ビタミンとミネラル、そしてタンパク質が慢性的に不足しているといわれています。
ビタミンB2とB6、ビタミンEは特に育毛にも関わる成分です。
さらにタンパク質不足を補うことも重要です。
そもそも、髪の毛はタンパク質で生成されています。
不足すると髪の毛の成長が遅くなるなど影響が出るわけです。

 

 

《ビタミンB2が多く含まれる食品》
 ・レバー
 ・卵
 ・大豆
 ・チーズ
 ・ウナギなど

 

《ビタミンB6が多く含まれる食品》
 ・ナッツ類
 ・バナナ
 ・魚類
 ・お肉など

 

《ビタミンEが多く含まれる食品》
 ・ゴマ
 ・魚介類など

 

《たんぱく質が多い食品》
 ・大豆製品(豆腐や納豆なども含む)
 ・肉類など

 

 

以上がそれぞれの髪の毛に良いとされる成分が多く含まれる食品です。
ただし、摂取しすぎては問題になる事もあります。
特に肉や乳製品などは脂分が多く、逆効果を招く事もあります。
常識の範囲内で摂取してください。

 

 

 

■育毛に悪影響を与える食生活

 

アルコールの過剰摂取

 

毎日、アルコールを飲むという方もいます。
血行が良くなるので、育毛に良いと感じている方も多いですが、
皮脂の過剰分泌を促す可能性もあり注意が必要です。
ある程度は量を少なくしましょう。
ただ、少量を飲む程度なら大きな問題にはなりません。

 

お菓子やお肉について

 

お菓子やお肉を食べ過ぎるのは大きなマイナスです。
脂分の過剰摂取となりますと、人体は摂取した脂を体外に出そうとします。
結果的に皮脂となって排出され、髪の毛の成長を阻害します。

 

ただ、肉はたんぱく質を効率的に摂取できる良いものでもあります。
問題は摂取量になると思ってください。
お肉が育毛に行けないから摂取をしない、ということはありません。
毎日摂取しても構いませんが、取り過ぎないように気をつけるべきです。

 

また、牛肉を避けて、脂分が少ない鶏肉や豚肉にするのもおすすめです。