頭皮は『ノンシリコンシャンプー』で優しくいたわってあげましょう

近年、シャンプーで注目されているのがノンシリコンシャンプーというものです。
“ノンシリコン”というものについて調べてみました。
シリコン入りとノンシリコンでは、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

 

 

■シリコンとは?

 

脂の事を指しています。
シャンプーだけでなくコンディショナーやスタイリング剤にも含まれています。

 

シリコンの役割

 

紙の表面をコーティングする役割があります。
シャンプーを使った後に髪の毛がサラサラになることがあります。
それは、シリコンが結果を出しているわけです。
シリコンは吸着力が強いといった特徴があり、髪の毛全体に効果を与えることができます。

 

特に、シャンプー後に髪の毛がきしみやすいという方は、シリコン入りのシャンプーを使うメリットがあるとされています。
髪の毛がきしむとセットするのも大変ですし、クシを通すのも一苦労です。

 

 

 

 

■シリコンの問題点

 

頭皮もコーティングしてしまう

 

育毛のためには、頭皮の健康が欠かせません。
しかし、シリコンシャンプーを使うと、シリコンが髪の毛だけでなく、頭皮も覆ってしまいます。
皮脂などを頭皮に閉じ込めてしまい、育毛にとって悪い状況を作り出してしまうわけです。

 

ただ、最近では頭皮をコーディングしてしまうほどの力はなく、
あまり悪影響はないとの研究結果も出ていますので、さらなる研究結果を待ちたいです。

 

 

頭皮が荒れやすい

 

シリコンは、洗浄力が強いシャンプーに含まれるのが一般的です。
皮脂をしっかりと落とすようなシャンプーは、髪の毛同士がからみつき指通りも悪くなります。
だから、シリコンを配合して、指通りを良くしてサラサラにします。

 

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮が弱い方は厳禁です。
炎症が起きるなど問題が出てきますので、そのような意味からも
シリコンシャンプーが避けられている点には注目してください。

 

 

 

 

■ノンシリコンの意味とは?

 

近年になり増えてきたノンシリコンシャンプーは、その名の通りにシリコンが含まれていません。
洗浄力がそれほど強くないので、シリコンを含ませる意味がないという考え方もできます。

 

スカルプシャンプーについて

 

一般的な育毛系のシャンプー(スカルプシャンプーなど)は、ノンシリコンタイプが多めです。
石油系シャンプーは洗浄力が強めですが、それが薄毛の原因になると考えられているからです。

 

《スカルプシャンプーの主な洗浄成分》
 ・ステアロイルグルタミン酸 Na
 ・ココイルアルギニンエチルPCA
 ・ココイルグリシンK
 ・リゾレシチン
 ・ミリスチン酸など

 

植物由来のものが多めです。ノンシリコンシャンプーの洗浄成分は、
基本的に上記のものが多めですので、購入前に確認してください。

 

ちなみに、実際の有名な育毛シャンプーの洗浄成分は、

 

 ・ラウロイルメチルβ−アラニンナトリウム液
 ・ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
 ・コカミドプロピルベタイン

 

となります。それらは植物由来の界面活性剤となりますので、
優しい洗浄成分ということが分かります。もちろん、ノンシリコンシャンプーです。