人間の肌と同じ弱酸性のスカルプシャンプーで頭皮をケア

シャンプー選びで注目したいのが、弱酸性タイプです。
頭皮に良いとされているわけですが、どのような理由で
プラス評価されているのかを調査してみました。

 

ちなみに、シャンプーにはアルカリ性タイプもあります。
石鹸シャンプーがその代表格です。
高級アルコールシャンプーも一般的にはアルカリ性になります。

 

 

■人の肌に近い

 

弱酸性は、人の肌と同じものになります。
ですから、肌にとって優しい存在と言って間違いありません。

 

人の肌は、菌の繁殖を防ぐために基本的に弱酸性となります。
皮脂が弱酸性となり、皮膚を守っているわけです。
そのバランスをシャンプーで崩してしまうと、様々な菌が頭皮で発生して
頭皮トラブルが発生することもあります。髪の毛が生えにくい状況を作り出してしまいます。

 

頭皮で菌が過剰に繁殖すると、フケを発症してしまうケースもあるので注意が必要です。

 

 

■毛穴の健康を守る

 

シャンプーの目的は、頭皮の汚れや皮脂を落とすことになります。
ただ注意してほしいのが、皮脂を取り過ぎるのはいけないということです。
毛穴の中まで皮脂を取り過ぎると、頭皮が乾燥している状況になります。
皮脂腺が活発に動き、乾燥状態を解消しようとします。
結果的に頭皮がオイリーになるわけです。

 

アルカリ性は毛穴を開く

 

弱酸性のお肌にアルカリ性のシャンプーを使うと、毛穴を開いてしまいます。
毛穴の奥にある皮脂まできれいに取り去ってしまい、頭皮を乾燥させてしまうわけです。

 

弱酸性は通常の状態に維持する

 

弱酸性はお肌と同じになるので、毛穴は通常のままです。
必要以上に開いてしまう事はなく、皮脂の一定量は毛穴の中に残ることになります。
頭皮の健康が弱酸性シャンプーにより守られるのです。

 

 

 

■代表的な弱酸性シャンプーとは

 

アミノ酸シャンプー

 

洗浄力が穏やかなものになります。
もちろん、弱酸性タイプになるので、安心して毎日の利用が可能です。
皮脂を取り過ぎませんし、頭皮の弱い方などには特に活用してほしいタイプのシャンプーです。

 

スカルプシャンプーや育毛シャンプーと呼ばれるタイプのものも、基本的には弱酸性シャンプーとなります。

 

 

■弱酸性シャンプーの洗浄成分とは

 

 ・ココイル系
 ・ラウロイルアスパラギン酸Na
 ・ラウロイル系

 

以上の成分が含まれていれば、弱酸性シャンプーと判断できます。

 

スカルプシャンプーのS-1シャンプーには、ココイルグルタミン酸TEAなどが含まれています。
ウーマシャンプーの場合は、ココイルメチルタウリンNaなどが洗浄成分です。