スカルプシャンプー使用後にするヘアケアをご紹介

スカルプシャンプーを使った後のケアでも頭皮や髪の毛のコンディションが変わります。

 

シャンプー後のタオルドライは、清潔なタオルを使用して、ごしごし擦るのは止めましょう。

 

髪に摩擦が起きて絡んだり痛んだりしますので、タオルに水分を吸わせる程度にそっと抑えるだけで充分です。

 

タオルドライの後に避けて欲しいこととして、髪が濡れたままで放置するのはNGです。

 

髪が濡れたままで自然乾燥をさせると、せっかく清潔な状態にした頭皮にも雑菌が繁殖しやすくなりますので、出来るだけ早くドライヤーで乾燥させて下さい。

 

せっかく潤った頭皮がドライヤーの熱で乾燥するのを避けるには、時間はかかりますが冷風で手早く乾かすのがオススメです。

 

次にドライヤーの使い方にもコツがあるのでご紹介していきましょう。

 

ドライヤーの熱風は必ず髪の毛から20〜30cm離したところから当てるようにして下さい。

 

そして、1箇所にずっと熱風を当てるのではなく、左右に振るようにして満遍なく当たるようにすると髪や頭皮の乾燥を避ける事が出来ます。

 

乾きやすいのは髪の毛の方なので、先に頭皮を乾かすように髪をかき上げてドライヤーの風を当てると、髪の毛もパサパサにならず痛みを抑えられます。

 

乾燥しやすい髪の場合は毛先だけにヘアオイルをつけてから、ドライヤーの熱風を当てれば、オイル成分が髪の表面をコーディングして守ってくれます。

 

このヘアオイルは頭皮につけないのが条件です。

 

ドライヤーで髪の毛が乾いたら、時間があるときにマッサージをして下さい。

 

頭皮マッサージの方法がたくさんありますが、あまり時間がかけられないと思いますので単純なもので構いません。

 

指の腹を使って生え際から頭頂部に向かって揉み上げていくと頭にたくさんあるツボを刺激しながら頭皮を柔らかくすることが出来ます。

 

気持ちもリラックス出来ますので、ストレスからくる抜け毛を予防するのにも最適です。

 

スカルプシャンプーと育毛剤を併用するなら、シャンプー後の頭皮マッサージは最低でも10〜15分間の時間を作って下さい。

 

マッサージ以外の方法としてタッピングがあります。

 

両手の指の腹を使って、触れるか触れないかという力加減で、ポンポンと髪や頭皮をタップしていきます。

 

頭皮に過剰な刺激を与えることなく、血行促進とリラックス効果が出せるので、スカルプシャンプーの効果を高める事が出来ますね。

 

タッピングをするならマッサージとは逆で、頭頂部から生え際に下げるようにして両手を移動させて下さい。