ハゲ予防を効果的にしてくれるベストな洗髪方法

スカルプシャンプーを使っても、洗髪方法が間違っていては効果は期待できません。

 

シャンプーの仕方は、美容師の様に習ったものではないので、多くの方が我流になっているのではないでしょうか?

 

そこで、この機会に正しい洗髪方法に変更する事をオススメします。

 

まず、シャンプー前にも効果を上げる方法があります。

 

長めの髪ならブラッシングをして通りを良くすることと、髪が傷んでいるならヘアオイルをつけてホットタオルで蒸しておくと仕上がりの状態が良くなります。

 

傷んでいる毛先にオイルをつけたらレンジ500Wで1分程度加熱したタオルを頭に4〜5分巻いておくだけで十分です。

 

その後にぬるま湯で予洗いをします。

 

これはプレシャンプーとも言われていて、美容室でも先に髪の毛を濡らしながら頭皮を温めるのと同じことをご家庭でもします。

 

時間にして2〜3分程度で構いませんので、頭皮を温めながら指の腹で優しくマッサージしていきましょう。

 

予洗いの段階で80%程度の汚れを落とすことが出来ますので、スカルプシャンプーは残り20%の汚れを落とすだけで洗浄力の高さが必要ありません。

 

中には「湯シャン」と言って、お湯で洗うだけで十分だと勧めている人もいますが、毛穴汚れを落として頭皮を保湿するにはお湯で洗うだけでは不十分です。

 

お湯だけで済ませるのではなくスカルプシャンプーを使用して下さい。

 

次にシャンプーは直接、髪の毛や頭皮につけるのではなく一度手に取って泡立ててからつけるようにして下さい。

 

生え際からうなじに向けて、指の腹をジグザグに動かすように洗います。

 

耳周りは汗をかきやすく汚れも多いので時間をかけて洗って下さい。

 

すすぎはシャンプーの倍の時間をかけて泡が残らないように徹底的にしましょう。

 

シャンプーに3分かけたなら、すすぎには6分かけると言った様に、すすぎの時間にウエイトを置くとスカルプケアが充実します。

 

シャンプーをするときの姿勢でも一工夫できます。

 

頭を下げて洗うのではなく、上を向いて髪の毛を洗うとキューティクルの流れに逆らうことがないので、今、生えている髪の毛にもダメージが出ません。

 

ダメージが出ると弱く抜けやすくなっていくのでハゲが悪化する可能性が高くなります。

 

時間がなくて急いでいても、ごしごしと擦る洗い方は避けましょう。

 

頭皮に傷がつくと、髪の毛を生えさせるよりも頭皮の修復が優先されますし、毛根にダメージが出ると治るまで髪の毛が生えなくなるでしょう。

 

洗髪方法を変えるとスカルプシャンプーの効果も高くなります。