スカルプシャンプーと育毛シャンプーの価格の違いとは?

シャンプーには一般のシャンプーと、育毛に役立つとされるスカルプシャンプーがあります。

 

この2つには大きな価格の差があります。実際にどのくらいの価格差があるのでしょうか。

 

さらに、なぜそのような価格差が生まれるのでしょうか。詳しく解説します。

 

スカルプシャンプーの価格が知りたかった方、スカルプシャンプーと一般シャンプーの違いを知りたかった方には必見のテーマです。

 

 

■一般のシャンプーと育毛シャンプーの価格の差とは?

 

【一般シャンプーの価格】
・数百円から1,000円台程度(1ボトルあたり)

 

【スカルプシャンプーの価格】
・ユアン 柑仔 (みかん) スカルプシャンプー・・・2,000円台
・10代目 スカルプシャンプー・・・3,900円
・プレリアップスカルプシャンプー・・・2,000円弱
・スカルプシャンプー モンゴ流シャンプーEX・・・5,000円弱
・GFスカルプシャンプー 育毛シャンプー・・・3,000円弱

 

※価格は販売している所によっても変わってくることがあります。

 

一般シャンプーと比較するとスカルプシャンプーの高さがよくわかると思います。

 

ここには掲載しませんでしたが、有名なスカルプDにはハイグレードなものもあります。
そちらになると、価格が10,000円を超えてくることもあるのです。

 

一般シャンプーの数倍から10倍前後の価格になっている、といった点はよく覚えておくべきです。

 

では、なぜそれだけの価格差が生まれてしまっているのでしょうか。

 

 

■一般シャンプーとスカルプシャンプーの価格差の原因

 

・販売本数の差

 

一般シャンプーはものすごい数をさばいています。

 

いわゆる、「薄利多売」戦略で売り出せます。

 

しかし、スカルプシャンプーの販売数はそれほど多くありません。

 

そもそもスカルプシャンプーは薄毛で悩んでいる方が限定で利用しているような形になります。

 

ターゲット層が狭いので、どうしても1本あたりの価格が上乗せされてしまう傾向が出てしまっているのです。

 

・広告費用が高い

 

毎日のようにスカルプシャンプーの広告を見ませんか。

 

しかも、芸能人を使って大々的に宣伝しているわけです。

 

広告費用も馬鹿になりません。それらについても全て商品に添加されることになります。

 

・こだわりの成分を利用している

 

スカルプシャンプーに関しては、育毛のために利用するものです。

 

だからこそ、こだわりぬいている成分を使っています。

 

一般のシャンプーでは含まれないような植物エッセンスを使っていることもあり、材料費用が高額であるからこそ高価になってしまうのです。