紫外線が頭皮に与える影響を考えてみよう!

育毛を成功させるためには、健やかな頭皮をゲットする必要があります。

 

その頭皮に関しては、紫外線が大きく関わってきます。

 

実は紫外線対策をしっかりとしなければ、薄毛になってしまうかもしれないのです。

 

こちらでは頭皮と紫外線の関係性について詳しくお話します。

 

頭皮の紫外線対策をほとんど行ってこなかった方は必見です。

 

 

■紫外線が皮膚を劣化させてしまう

 

・日焼けはやけどである

 

頭皮についても日焼けしてしまうことがあります。

 

特に分け目が焼けやすいので充分に注意しなければなりません。

 

紫外線が頭皮に良くない理由としては、そもそも日焼けは皮膚を傷めつけるからです。

 

色が黒くなるわけですが、あれは簡単にいってしまえば「やけど」している状態なのです。

 

しかも、極度に日に焼けると皮が向けますよね。

 

肌の環境を大幅に変化させてしまう可能性もあるので充分に気をつけなければなりません。

 

・頭皮の皮脂が酸化してしまう

 

皮脂が紫外線に触れると酸化します。

 

酸化すると皮膚に大きな負担がかかってしまい、頭皮が炎症を起こしてしまうこともあります。

 

頭皮がよく炎症を起こしている方は、紫外線の影響が非常に強く出ている可能性も否定できません。

 

紫外線対策をしっかりと行ってください。

 

 

■頭皮が紫外線の影響を受けないようにするためにはどうしたらいいのか?

 

・帽子を着用しよう

 

帽子であれば、ほぼ100%の紫外線をカットできます。

 

一方で、帽子をかぶったらムレが出てきてしまうのではないか、といった不安を持っている方も多いでしょう。

 

帽子による紫外線カットの効果とムレによるリスクのどちらを取るのかといったことですが、帽子による紫外線カットに重きをおくべきです。

 

これは、専門家の中でも意見がほとんど統一されています。

 

ムレに関するリスクも有りますが、ある程度は対策ができるのです。

 

たとえば、建物内に入ったら帽子をとるとか、タオルで定期的に頭皮の汗などを拭き取る、といった方法です。メッシュキャップの利用もオススメです。

 

一方でムレを気にして帽子をかぶらないと、直射日光が髪の毛や頭皮に襲いかかります。

 

薄毛の原因にもなりかねないので充分に気をつけてください。

 

・髪の毛用UVカットスプレーを利用する

 

頭皮というよりも髪の毛を守るための対策法になります。

 

髪の毛自体も紫外線によって状態が劣化してしまいます。

 

パサパサの髪の毛になってボリュームがないように見えてしまう可能性もあるので、UVカットスプレーの活用はお勧めです。

 

・日傘を利用する

 

紫外線の全てに対処できるわけではありませんが、一定量は抑えられます。

 

ただ、こちらのアイテムは基本的に女性しか利用しないでしょう。男性の利用は難しいかもしれません。