髪の毛を生やすためには、まずは毛周期を整えることが重要

豊かな頭髪を取り戻すために、どんな努力をしていますか?

 

シャンプー?頭皮マッサージ?育毛剤?

 

どれも重要ですよね。

 

しかし、それよりもさらに大切なのが毛周期。

 

これが乱れたままではどんな育毛法を試しても中々効果が出ません。

 

そこで、毛周期基礎知識と整え方をご紹介します。

 

 

@そもそも毛周期とは?

 

毛周期とは、簡単に言うと毛が生え変わる周期です。

 

人間の毛は周期に応じて、成長と脱毛を繰り返しています。

 

成長期→退行期→休止期→脱毛

 

この周期は3年から7年です。

 

成長期が一番長く3年から7年で、髪の毛がどんどんと成長し伸び続けます。

 

退行期はだいたい2週間程度。

 

髪の毛の成長はほとんどしなくなります。

 

休止期は脱毛を待っている状態です。

 

人によっては年単位の休止期がありますが、すぐに抜けてしまう場合もあります。

 

そして最後が脱毛です。

 

 

A毛周期の乱れと薄毛の関係

 

さてこの毛周期が乱れるとどうして薄毛になるのかというと、成長期に十分に成長しなくなるからです。

 

毛周期のサイクルが乱れている人は、極端に成長期が短くなってしまいます。

 

そうなると、まだまだ短く細い成長途中の髪の毛が抜け落ちてしまうことに。

 

本来であれば頭のメインメンバーであるはずの成長期の髪の毛たちが十分に成長しない頼りない姿のまま抜け落ちるので、全体的に寂しくなっていってしまうのです。

 

 

B毛周期の整え方

 

さて、この毛周期を乱している原因、それはストレスやタバコ、不規則な生活そして不潔な頭皮です。

 

一番よろしくないのはストレスと不規則な生活です。

 

頭皮は大変デリケートなため不規則な生活でストレスが溜まってしまうと血行が悪くなり、頭皮にや髪の毛を作る細胞に十分な栄養が届かなくなってしまいます。

 

髪の毛を作る毛母細胞は血液から必要な栄養を受け取っていますので、血流が悪くなればそれだけ働きは鈍化してしまうのです。

 

同様の理由でタバコもNG。

 

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮される働きがあるので、同じく血流が鈍くなり栄養不足となってしまいます。

 

さらに、十分に現れていない頭皮も毛周期を乱れさせます。

 

毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態だと、いくら髪の毛が生えたくても生えることができませんよね。

 

では具体的に何をしたら良いのかをまとめてみました。

 

・早寝早起き、規則正しい生活を送ること
・ストレスをためないこと
・できれば禁煙をすること
・適正な洗浄力のシャンプーで正しく頭皮を洗うこと

 

全部は無理だよ!と思うならまずはシャンプーとストレス発散を試してみましょう。

 

生活習慣を一気に変えるのは大変ですが、シャンプーを変える、洗い方を変える、ストレス発散のために遊ぶ、のであれば比較的簡単に取り組めると思います。

 

シャンプーは洗浄力が強すぎず、弱すぎない頭皮ケア専用商品を使うと良いでしょう